CFT構造賞 当協会で施工計画の技術指導を受け、前年中に竣工した自薦応募の建物から選考しました。
 
  平成17年度 CFT構造賞
竹中工務店東京本店新社屋 新築工事
竹中工務店東京本店1     竹中工務店東京本店2
設 計 者 (株)竹中工務店 東京本店  中山 信雄
施 工 者 (株)竹中工務店 東京本店  柴田 恭幸
建 築 場 所 東京都江東区新砂1−1−1
建 築 用 途 事務所
選 考 理 由 CFT柱を採用することにより、構造システムとプランニングの整合性を高めている。CFT柱を出来るだけ小さくし、また、柱梁接合部に開発した新しい工法を用いている。コストパフォーマンスも高くバランスの良い構造計画である。
 
シティタワー大阪 新築工事
シティタワー大阪1
  
シティタワー大阪2
撮影 (株)エスエス大阪
設 計 者 (株)淺沼組 大阪本店設計部  逢坂 博文
施 工 者 (株)淺沼組 大阪本店建築部  八百本 益洋
建 築 場 所 大阪府大阪市中央区瓦町1−6−1
建 築 用 途 共同住宅(分譲マンション)
選 考 理 由 地上51階で高さが169.8m、短辺方向の幅が20mというスレンダーな建物の柱にCFT柱を採用している。架構全体の曲げ変形を抑えるため、外柱を最大850×1300の箱型大断面CFTとしている。CFT造による果敢な挑戦である。
 
リーフみなとみらい計画
リーフみなとみらい1

 

 

 

リーフみなとみらい2
設 計 者 (株)三菱地所設計 ・ 戸田建設(株) 一級建築士事務所
施 工 者 戸田建設(株) 横浜支店
建 築 場 所 神奈川県横浜市西区みなとみらい4−6(42街区)
建 築 用 途 店舗・変電所・駐車場(209台)
選 考 理 由 建物の下部に3層吹き抜けのアトリウムを有し、長柱部分(長さ14.2m)にCFTの鋼管柱を用い、柱を細く見せている。セットバックもあり、偏心の生じやすい建物であるが、柱に鋼管や箱型断面のCFT柱を用い、偏心率を0.15以下に抑えている。CFT造の特性をうまく活用している。
 
> 平成16年度CFT構造賞
 
 

Copyright (C) 2003 ANUHT. All Rights Reserved.