CFT構造賞 当協会で施工計画の技術指導を受け、前年中に竣工した自薦応募の建物から選考しました。
 
  平成27年度 CFT構造賞
京橋トラストタワー



  

建 築 主 森トラスト株式会社
設 計 者 株式会社安井建築設計事務所
戸田建設株式会社
施 工 者 戸田建設株式会社
建 築 場 所 東京都中央区京橋2-1-3
建 築 用 途 事務所・ホテル・飲食店舗・駐車場
選 考 事 由 軒高94mの超高層建築において、タイプの異なる複数の装置を組み合わせた「ハイブリッド制震構造」と 構造的に剛性・耐力の高いCFT造柱を採用することにより、柱1本当りの負担面積を比較的大きくした無柱執務空間を有する複合建築を 実現している。
さらに、防災拠点としての継続使用を目指して、極めて高い耐震性能を有する建築を実現している。
また、施工に関しては、Fc90 N/o2のコンクリートに対して実大施工実験を実施し、また、当協会の施工計画の技術指導を受けて、確実な品質確保がなされている。
通常実現が困難と思われる計画をCFT造の採用により実現し、今後のCFT造の可能性を広げるものと 考えられる。
 
読売新聞東京ビル



  

建 築 主 株式会社読売新聞 東京本社
設 計 者 株式会社日建設計
施 工 者 清水建設株式会社
建 築 場 所 東京都千代田区大手町1
建 築 用 途 事務所・興行場・集会所・店舗・診療所・駐車場
選 考 事 由 軒高186m、塔状比5.3のスレンダーな超高層建築において、エネルギー吸収効率の高い制振システムと構造的に剛性・耐力の高いCFT造柱を 採用することにより、低層部にアトリウム、ホール等の大空間を、高層部に25.6mスパンの無柱執務空間を有する複合建築を実現している。
さらに、新聞社としての機能維持を目指して、「極めて稀に発生する地震時にも弾性」という極めて高い耐震性能を有する建築を実現している。
また、施工に関しては、中庸熱セメントを用いたFc60、80N/mm2コンクリートを10か月という超短工期で圧入している。
通常実現が困難と思われる計画をCFT造の採用により実現し、今後のCFT造の可能性を広げるものと考えられる。
 
> 平成26年度CFT構造賞
 
 

Copyright (C) 2003-2015 ANUHT. All Rights Reserved.