一般社団法人 長寿命建築システム普及推進協議会

 一般社団法人 新都市ハウジング協会と連携しており、ホームページへの掲載を委託しております。
 
Association for Sustainable Building Systems
【H29年度の研究報告会は10月13日(金)にすまい・るホールで開催されました。】
多数のご参加、ありがとうございました。

一般社団法人長寿命建築システム普及推進協議会とは

一般社団法人長寿命建築システム普及推進協議会は、良質な建築住宅ストックの形成及び長期使用並びにその将来世代へ承継の推進を図ることを目的として、住宅等建築物の長寿命化推進に関する諸活動を実施しています。     
           
 設立日  : 平成21年(2009年)4月15日
 事業内容 : 建築の長寿命化という観点で長期優良住宅等の長寿命建築に関わる技術基盤整備と普及推進に
        向け、下記の課題を設定し研究する。
 所在地  : 〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-16-17
 電話番号 : 03-3504-2383
 会員会社 : (株)安藤・間、(株)市浦ハウジング&プランニング、(株)インテリックス、大阪ガス(株)、
                    (株)大林組、(株)奥村組、鹿島建設(株)、(株)熊谷組、(株)鴻池組、清水建設(株)、
                   大成建設(株)、(株)竹中工務店、東亜建設工業(株)、東京ガス(株)、TOTO(株)、
                   東レ建設(株)、戸田建設(株)、西松建設(株)、(株)日建ハウジングシステム、(株)日本設計、
       (株)長谷工コーポレーション、(株)フジタ、(株)富士ピーエス、三井住友建設(株)
                                   以上24社 (H29.6現在)  (個人会員を除く)
           
当協議会では、一般社団法人新都市ハウジング協会と連携し、国土交通省の補助金を受け「長寿命建築システム普及推進事業」を推進しております。 
この事業では、集合住宅分野における長期優良住宅の普及促進、それに伴う生活の質の向上、優良な社会資産の形成等を目的として、平成29年度は以下の3つを 重点課題として取り組んでいます。

 ①長期優良住宅等建築基礎技術基盤高度化研究
 ②長期優良住宅等住棟インフラ整備研究
 ③次世代分散型エネルギーシステム技術基盤整備研究