CFT造施工技術ランク制度

CFT造の施工については、施工者の経験度及び技術力に差があるため、施工者の技術レベルをCFT工事における高強度コンクリートなどの施工実績、品質管理体制及び CFT造施工管理技術者の数などに基づき、4ランク(SA・A・B・C)に分け、3ランク(SA・A・B)を当協会に登録しています。
項目
技術ランク区分
SA
A
B
C
CFT造の施工技術に
対するレベル
高難易度の技術を必要とする工事に対応可能な技術力を有している
中難易度の技術を必要とする工事に対応可能な技術力を有している
低難易度の技術を
必要とする工事に
対応可能な技術力
を有している
告示の基本使用範囲内の工事に対応可能な技術力を有している
施工実績
  詳細は、「コンクリート充填鋼管(CFT)造技術基準・同解説の運用及び計算例
  等」の 第2章「CFT造技術指針・同解説」の 8.運用基準 を参照
難易度実績
組織
品質管理体制
品質管理体制が適切であること
施工管理技術者数
20名以上
10名以上
2名以上
(1名以上)

CFT造施工技術ランクの認定料(消費税別)

新規及びランクアップの場合
                                                 (単位:円)
会員
一般
SA
A
B
SA
A
B
100,000
100,000
100,000
2,000,000
2,000,000
1,000,000
 
更新の場合
                                                 (単位:円)
会員
一般
SA
A
B
SA
A
B
無料
無料
無料
500,000
500,000
500,000

認定された施工技術ランクの有効期間 

会員
一般
SA
A
B
SA
A
B
1年
2年
5年
1年
2年
2年