CFT構造賞

平成28年度 CFT構造賞

ITbM (トランスフォーマティブ生命分子研究所)
建 築 主 : 国立大学法人 名古屋大学総長 松尾 清一
設 計 者 : 国立大学法人 名古屋大学 施設・環境計画推進室 施設管理部
        株式会社 久米設計
施 工 者 : 株式会社 鴻池組
建 築 場 所 : 愛知県名古屋市千種区仁座町1 他55筆
建 築 用 途 : 大学
選 考 事 由 : 既存施設をロングスパン架構で覆う形の研究施設である。高耐力・高剛性のCFT造柱、ロングスパン架構の梁に
        プレビーム工法(鉄骨梁下フランジの コンクリートに自然張力を導入した合成梁)を採用することで、それを
        実現している。また、外周部3辺には小径断面のCFT柱を配置し、そのベアリングウォール 効果により、水平
        変形剛性の向上および建物全体の偏心抑制を図っている。施工に際しては、当協会の施工計画技術指導を受ける
        とともに、独自のCFT充填 コンクリート管理システムを導入し、確実な施工を実施している。中低層建物への
        CFT造普及につながる事例として高く評価される。