CFT構造賞

平成28年度 CFT構造賞

JPタワー名古屋
建  築  主 日本郵便株式会社
名工建設株式会社
設  計  者 株式会社日本設計
施  工  者 株式会社竹中工務店
建 築 場 所 愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1004番 他44筆
建 築 用 途 事務所・店舗・郵便局・カンファレンス・診療所・駐車場
選 考 事 由 短辺方向の塔状比が5を超える板状超高層建築である。ラーメン架構にタイプの異なる数種類の制振装置を付加した構造としており、31階までの柱に高剛性・ 高耐力のCFT柱を採用することにより建物の剛性を確保している。また、CFT柱の採用によって、高層フロアでは奥行き約17mの無柱執務空間を実現していると ともに、低層フロアでは高層フロアと同じ柱サイズで6.5~7.8mと高階高の魅力ある吹き抜け空間を実現している。なお、本建物では、全館避難安全検証および 耐火性能検証を実施し、耐火性能の確認および耐火被覆の低減を行っている。CFT造の特性を十分に活かした事例として高く評価される。