CFT構造賞

平成23年度 CFT構造賞 

科学館理工館・天文館
建 築 主    :    名古屋市
設 計 者    :    (株)日建設計
施 工 者    :    竹中・土屋・ヒメノ特別共同企業体
建 築 場 所    :    愛知県名古屋市中区栄2-1701
建 築 用 途    :    博物館(科学館)
選 考 理 由    :    東西建屋の間に外径約40mの球体を挟み込み、東西建屋の柱で支持し球体直下に柱を設けずに、球体が浮遊しているようにみせる斬新でシンボリックな建築計画となっています。
東西建屋にCFT柱を採用することにより、水平・鉛直剛性を確保しスパン約20mの無柱空間を実現するとともに球体約4,000トンの重量を支える柱の軸変形を抑制しています。
また、耐火検証法により大臣認定を取得し、全ての柱の耐火被覆をなくすことにより、設計コンセプトの一つである「ラーニング・科学館」の一環として、観覧者が柱鉄骨を直に見て、直に触れることのできるデザイン要素として活用しています。